ふでまりぶろぐ

50歳オバサンの凡人脳を綴る

マウスシールドの出番がなくなりました

こんにちは。ふでまりです。

 

先週から待っている勤務希望先からは、今日も連絡が入っていません。

書類選考後7日以内に連絡、とあったので、まだ焦りすぎかなとは思うのですが、ここまで自分の気持ちをコントロールできなくなることがあるなんて、想像もしていませんでした。

契約社員ですが福利厚生も整っていますし、労働基準監督署にお世話になるようなことは無さそうですし、そう言った件に関して守られているということでやはり外したくないのが正直なところです。

そもそも、通勤時間は車で片道3分ですから。

以前にも記事にしたことがありますが、これまでしばらく「登録スタッフ」という形で一個人事業者として事務所に席を置いていて(この表現が合っているのかいないのか…)、契約書など何の書類も交わしておらず、ネットで応募→電話連絡を受ける→指定の日時に事務所研修出席→急遽当日現場見学→後日履歴書提出というような、ハチャメチャな流れでした。

特殊な業務なので具体的に文字にすることは控えさせていただきますが、事務所からの受注があると県内の東西南北各所にある会場に業者として入ります。ほぼ毎日入るので、朝6時半には家を出発し帰宅時間が夜10時半を過ぎることだけで相当キツかったです。一応主婦でもありますので、帰ったら一通りの家事はしないといけないですし、毎日、翌日使う原稿を作成しなければならないですから、不器用な私はほぼ睡眠時間が無いに等しかったんです。

でも、後悔はしていません。

むしろ、この仕事に携わることができて感謝をしています。

おまけに、代表は「いつでも待っていますから」と扉を開いてくれているんです。

スタッフの使い方が違法と分かっていても、離れられないのは代表の慈悲深さにもあるのかも知れません。

でも、やはり違法は違法。私は去りました。背中を押してくださったのは相談した弁護士さんですが、このままだと本当に身がボロボロになると思いました。

そこで今でもしょっちゅう視界に入ってくるのが「マウスシールド」です。

f:id:Hude-Mari:20210405233539j:plain

(下の生地の柄で、分かりづらい画像ですm(_ _)m)

人前で声の関係の指導をしたり、自分自身がマイクを持って人前に立ったりするとき、さすがにマスクでは失礼なので皆マウスシールドをしています。

業務で使うものは基本自分持ちですから、去ることを決意する少し前に、私が受け持つ教室が増える予定だと聞いて早速マウスシールドも多めにAmazonで取り寄せました。

10個入りの箱が届いて一つは開封し使用済みです。

残りの9個は、出番もなく箱の中で寂しそうに眠っています。

メルカリで売っても良いのですが、今はそこに注力する心の余裕が無く、まずは応募しているところから書類選考の結果を知りたいと、首を長くして待っているところです。

f:id:Hude-Mari:20210405233726j:plain

マウスシールドって、やけにクリアで口元がよく見えるんですよね。

私の心もクリアであり続けたいし、これからご縁がある勤務先があるとしたならば、ぜひともガラス張りのクリアな企業であってほしいものです。

出番をなくしたマウスシールドのように悲しい思いをしないためにも、切に願っています。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

次回のお越しもお待ちしております。

では、ごきげんよう

Copyright ©ふでまり All rights reserve