ふでまりぶろぐ

50歳オバサンの凡人脳を綴る

時間無さを理由に墨液を購入してしまいました

こんにちは。ふでまりです。

 

勤め始めて、早速大型連休を満喫しています。

これまでは盆正月も休み無く働き続けていましたから、とても新鮮です。

在宅ワークの時も、年中無休どころか朝晩関係なく職場のボスや同僚から連絡が入っていましたから、例えば食事の支度で、ウカウカ揚げ物なんてできやしない感じでした。

今は本当に開放感で満たされています。

朝8時30分までに出社して、夕方5時30分過ぎたら「お先に失礼しまーす」と席を離れる事ができるんですよ。至って普通かも知れませんが、半月前までの私からしてみれば、夢のような勤務スタイルです。

おまけにちゃんと決まった額の報酬をいただけるなんて…つくづく「守られているなぁ」と感じます。

一つだけ、あたふたしていることがあります。

生活リズムがガラリと変わり、帰宅後は口を開けて待っている夫と息子の胃袋を満たすべく、取り敢えずガッガッと夕飯のようなものを作りスピーディーに食卓に並べます。帰宅時間が息子と同じぐらいのことが多く、台所でワチャワチャやっているそばで、息子は雑談をしながら皿の一つでも運びながら待つのですが、夫はいつどんなときもアザラシ状態でテレビを眺めながら、ビールがなかなか飲めないことをじっと耐えているようです。愚痴ほどつまらないものはないのでここから先は控えさせていただきますが、そうして食べ始めて、初めて私も腰を落ち着けた頃、くたくたのシワ寄せが一気に押し迫り、片付けて書道の筆を持つ時には睡魔と闘っていることが多くなりました。

過去記事で触れていますが、今、書道では墨液でなく墨を磨るところからやっています。

優しくゆっくり磨っていくことで、細かい粒子の滑らかな墨液ができるようなのですが、練習物や作品の提出期限はあらかじめ決まっているため、今の生活リズムでは墨を優しくゆっくり磨って作っている時間は正直ありません。

f:id:Hude-Mari:20210411170545j:plain

過去記事に使用



実は今回も今日が締め切り日だったのですが、とても間に合いそうになく、休日でも時間外受付をしてくれる「ゆうゆう窓口」というサービスをしている郵便局を調べておいて、前日の朝方まで夜なべをして筆を持ち続けていました。

練習のあり方として、決して褒められたものではないですが、意図してボトルタイプの墨液を持たなかったので、どうでもこうでも墨を磨らなければならず、今回要した時間の3分の2ぐらいは墨磨りの時間だと思いますが、なんとか昨日の朝方、書き立てホヤホヤを角2封筒に入れ、車で40分ぐらいの所にある「ゆうゆう窓口」をやっている郵便局まで走り、速達便で送りました。今日の午後には届いているはずです。

ちなみに角2封筒は定形外郵便(規格内)サイズです。提出物の重さが150グラム以内に収まるので、普通郵便でも210円です。今回は速達郵便でしたのでプラス290円。計500円でした。

返信用封筒にも210円の切手が貼ってあり、通信添削って意外に余分の費用も嵩みます。

ですが、それには変えられない大切な学びが、この往復のやりとりには詰まっています。

今回はあたふたモードで墨磨りもハイスピードになってしまいました。過去記事で、墨液解禁は師範のお免状をもらった時なんて宣言しましたが、そんな宣言、あまり意味が無いと思いました。墨液でも磨った墨でも、その時その状況に合わせて、心を落ち着けて文字と向き合うことのほうが大事だと思いました。

だから今朝、さっそくAmazonで墨液を購入しました(^_^;)

コンビニ払いを選択していたので、支払を確認してからの発送になりますよね。だからそそくさと近くのコンビニへ走り、支払完了。

あとは商品到着を待つだけです。

この大型連休は、書道三昧になりそうです。

幸せな時間をありがたく使わせていただきます。

 

最後に…

先月応募していたお題キャンペーンで、恐縮ながら優秀賞をいただきました。

読みづらい羅列型の記事をよく選考していただけたものだと有り難いやら申し訳ないやら。

はてなの便利なツールも、ほぼ何も活用していない当ブログの記事を選んでいただきましたことに、改めて御礼申し上げます。

本当にありがとうございます。

Amazonのギフト券は、書道道具の購入に使わせていただこうと思っています。

ちなみに、この記事のスタイルは恐らくこれからも変わらないと思いますので何とぞご容赦願います。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

次回のお越しもお待ちしています。

では、ごきげんよう

Copyright ©ふでまり All rights reserve