ふでまりぶろぐ

50歳オバサンの凡人脳を綴る

「緊急安全確保」発令区域ですが…

こんにちは。ふでまりです。

 

連日の豪雨で「緊急安全確保」が発令されているエリアに住んでいます。

昨日、父の運転免許自主返納の手続きに同行し隣町まで向かいましたが、どの道を通っても通行止め。

負けじとあらゆる道の迂回を試みましたが、結局、目的地の警察署まで辿り着けず、両親と豪雨のドライブをして実家に戻っただけの半日を過ごしました。

帰り着いて改めて情報収集すると、隣町が浸水していて全国ニュースで何度も流れていました。

豪雨で道中迂回責めは、3年前の西日本豪雨でも経験していますが、その時は葬儀スタッフとしてどうしてもたどり着かなければならなかったため、必死でグルグル慣れない地域の住宅地を、迷路のゴールを目指すように走りました。

結局この時は、葬儀会館も水没していて葬儀そのものができなくなり、大渋滞に遭いながら、次の現場に向かったのを思い出します。

県内各地が壊滅的でしたので、恐怖を覚えながら車を走らせていました。懐かしい。

今回は仕事ではないけれど、父の「免許返納」の決意が固まった貴重なタイミングでしたので、どうしても昨日が良かったのです。

けれど、それは自己都合というもの。

今日は、今月末までと期限が迫っているその手続きをなんとかクリアできるよう、天気予報や災害情報、代理申請の方法など、いろいろ調べているところです。

同じ町内には決壊しそうな一級河川がありますが、今、私自身は1人静かにデスクトップの画面を見ているのです。

雨の音が主役の1人の時間が、珍しくも無いのに特別感がある。なんとも不安な時間です。

夫も息子も消防団員で2人とも今朝5時過ぎから出動してるので、私は、家が浸水被害に遭わないことを願いながら、時間を過ごすことしかできません。

避難場所に自主避難する人の行動力に改めて感心いたします。

正直、築35年の借家でも離れたくないです。

とは言え、我が家には愛しいお爺さんウサギが居りますので、この記事を投稿し終えたら、「へやんぽ(部屋で散歩させること)」エリアを2階に移動することにします。

f:id:Hude-Mari:20210814115320j:plain

こちらは庭の置物ですw

そして庭に目をやると、ユリの花が、開花のときの癒やしを届けてくれていました。

f:id:Hude-Mari:20210814115450j:plain

蕾をフォーカス!!

 

f:id:Hude-Mari:20210814115609j:plain

ひたむきな開花(ど素人加工)

命を守る行動が取れていない気がする、ダメなふでまりの記事でした。

お読みいただきありがとうございます。

では、ごきげんよう

Copyright ©ふでまり All rights reserve